2019.3.4 05:00(1/4ページ)

ラグビーW杯日本大会、日本と同組のライバル国料理を食う!

ラグビーW杯日本大会、日本と同組のライバル国料理を食う!

ロシア料理(手前左から)ロシアンティー、ボルシチ、チキンキエフ(奧左から)ガルショーチク、前菜盛り合わせ5品

ロシア料理(手前左から)ロシアンティー、ボルシチ、チキンキエフ(奧左から)ガルショーチク、前菜盛り合わせ5品【拡大】

 ラグビーのW杯日本大会は9月20日の開幕まで、4日で200日。日本(世界ランキング11位)は1次リーグA組でロシア(同19位)、アイルランド(同2位)、サモア(同16位)、スコットランド(同7位)と対戦する。目標となる初のベスト8入りに向け、サンケイスポーツ記者が対戦国の名物料理を堪能。本番に先駆けてライバルたちを食べ尽くした!! (取材構成・阿部慎)

★ロシア

 赤紫を基調とした店内に胸も躍る。東京・武蔵野市のロシア料理店「カフェロシア」で、名物料理ボルシチ(1人前700円)を飲み干すと、心も体も温まった。

 「ロシアは寒いので、基本的に温かくてカロリーの高いものが多いです」

 来日14年目のルシコヴ・ヴラディスラヴさん(24)は丁寧な若者だ。ビーツを始め、7種類の野菜を煮込んだスープは実に濃厚。食卓には必ずスープが並ぶという文化で、色鮮やかな料理も多い。前菜盛り合わせ5品(1人前980円、2人前から)も実に豪華。カロリー高めの料理文化が、大きな体作りにも一役買っている。

 開幕戦の相手だけに注目も集まるが、「日本もロシアも応援したい」とヴラディスラヴさんは、派手な好ゲームを期待していた。

ロシアの現状

 昨年11月に英国で行われた日本戦では、前半12点をリードしながら後半に逆転され、27-32の惜敗。だが、スクラムなどFWには侮れない強さがあることを、改めて示した。この試合を含め、同月には地元でナミビアを破り、ウェールズのクラブ「ドラゴンズ」には24-38で敗れた。2月に開幕した欧州選手権で、17日のジョージア戦が力を量るにはもってこいの試合といえる。

【続きを読む】

  • 日本のロシア戦全成績
  • アイリッシュラムシチュー(マッシュポテトは別売り)
  • 日本のアイルランド戦全成績
  • サモアの伝統料理オカ
  • 日本のサモア戦全成績
  • スコットランド料理も提供するブリテッシュパブ「ザ・ウォーリアーケルト」のハギス
  • 日本のスコットランド戦全成績
  • ラグビー・日本代表&日本代表候補今後の主な日程
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. ラグビーW杯日本大会、日本と同組のライバル国料理を食う!