2019.3.3 05:03(1/2ページ)

サンウルブズ、参戦4季目で敵地初勝利!33歳・山下が引っ張った/SR

サンウルブズ、参戦4季目で敵地初勝利!33歳・山下が引っ張った/SR

敵地で白星を手にしたサンウルブズの選手は抱き合って喜んだ(AP)

敵地で白星を手にしたサンウルブズの選手は抱き合って喜んだ(AP)【拡大】

 スーパーラグビー第3節第2日(2日、チーフス15-30サンウルブズ、ニュージーランド・ハミルトン)スーパーラグビー(SR)の今季第3戦。日本のサンウルブズは、PR山下裕史(33)=神戸製鋼=らFW陣が奮闘し、チーフス(ニュージーランド)を30-15で破り、今季初勝利(2敗)を挙げた。敵地で勝ったのはSR参戦4季目で初めて。勝ち点は5。チーフスは3連敗。次戦は9日にニュージーランドのオークランドでブルース(ニュージーランド)と対戦する。

 最高気温25度と暑さが残る南半球で、日本の“狼軍団”が歓喜の雄たけびだ。昨季SR5位、優勝経験もある強豪から今季初勝利を挙げた。日本代表51キャップを持つPR山下は、122キロの巨体を揺らして白星に貢献した。

 「もう何度もプレーしたグラウンド。いいプレーがしたかった」

 2015年W杯イングランド大会後に、1シーズン在籍した古巣のチーフスをねじ伏せた。接点のパワーが弱点とされてきたサンウルブズだが、この日はキックオフから山下らFW勢が密集サイドを積極的に突き、パワー勝負でも互角に渡り合った。

 敵地での勝利はSR参戦4季目で初めて。17年の5戦目(第7節)を上回る開幕3戦目でのシーズン初勝利も過去最速だ。NZ勢からの勝利も、17年のブルース戦以来2度目で、日本代表と強化を一体化するサンウルブズは着実に成長している。

 山下は「スクラムもラインアウトからのモールも、相手にしたいことをさせなかった」と胸を張った。日本では、5日から千葉・浦安市で日本代表候補合宿の第5クールが始まる。先週の第4クールから実戦形式の練習が本格的に始まるなど臨戦態勢に入る代表組にとっても、サンウルブズの活躍は力になる。2つのチームがギアを上げながら、W杯日本大会での大暴れにつなげる。

【続きを読む】

  • サンウルブズ・PR山下裕史(左、AP)
  • チーフス戦で突進するサンウルブズ・ファンデンヒーファー=ハミルトン(ゲッティ)
  • チーフス戦で突進するサンウルブズ・ヘル=ハミルトン(ゲッティ)
  • チーフスを破り今季初勝利を挙げ、喜ぶ松橋(手前右)、山下(同左)らサンウルブズフィフティーン=ハミルトン(AP)
  • チーフス戦で先制トライを決めるサンウルブズ・松橋=ハミルトン(AP)
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. サンウルブズ、参戦4季目で敵地初勝利!33歳・山下が引っ張った/SR