2019.1.19 17:15

W杯開会式は「ラグビー・フォー・トゥモロー」がテーマ 事務総長が意向

W杯開会式は「ラグビー・フォー・トゥモロー」がテーマ 事務総長が意向

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会の嶋津昭事務総長が19日までに取材に応じ、9月20日の開幕戦直前に行われる開会式について「ラグビー・フォー・トゥモロー」をテーマにしたい意向を明らかにした。アジア初開催の大会が未来の競技普及で大きな契機となる価値を訴えたい考え。演出については今後検討を進める。

 嶋津事務総長は「アジア初の大会をきっかけにアジア地域における若い世代のラグビーファンや選手を増やすレガシー(遺産)をつくりたい」とテーマの意図を説明した。アジアの若者を招待することも検討している。

 開会式は東京・味の素スタジアムで9月20日午後6時半にスタート。ラグビーW杯では出場チームの入場行進などを行わないため、五輪、パラリンピックに比べて時間は短い。日本大会は午後7時45分に同じ場所で日本-ロシアの開幕戦が始まるため、それまでに舞台転換などを含めて終了する見通しだ。

1次L日程へ組み合わせへ

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. W杯開会式は「ラグビー・フォー・トゥモロー」がテーマ 事務総長が意向