2019.1.14 05:01

明大、田中体制で完全復活だ!関係者「できる限り長く指揮を」/大学選手権

明大、田中体制で完全復活だ!関係者「できる限り長く指揮を」/大学選手権

 12日に行われたラグビーの大学選手権決勝で、天理大を22-17で下して22季ぶり13度目の優勝を遂げた明大は13日、2週間の完全オフに入った。

 就任1季目で頂点に導いた田中澄憲監督(43)の来季続投は確定事項。正式な任期は決まっていないが、明大関係者は「所属先のサントリーへのお願いが必要だが、できる限り長く指揮を執ってほしい」と、田中体制での完全復活を願う。

 前日の決勝後には東京・港区内で大学関係者、OBらと祝勝会を開催。その後、SH福田健太主将ら4年生は同期の部員と2次会を開いて喜びを分かち合った。一夜明けたこの日、主力選手は個々に外出してオフを満喫。世田谷区の八幡山合宿所は静まりかえっていた。

 4年生を除くメンバーは1月最終週に集合。連覇を懸けた新シーズンへ始動する。

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 明大、田中体制で完全復活だ!関係者「できる限り長く指揮を」/大学選手権