2019.1.13 05:00

【ホイッスル 吉田義人】明大、ベンチワークも含め総合力の高いチームに成長!

【ホイッスル 吉田義人】

明大、ベンチワークも含め総合力の高いチームに成長!

特集:
ホイッスル 吉田義人
明大OBの吉田氏は「黄金時代を築いてほしい」と期待を寄せた

明大OBの吉田氏は「黄金時代を築いてほしい」と期待を寄せた【拡大】

 ラグビー大学選手権決勝(12日、天理大17-22明大、秩父宮)1人の明大OBとしても誇らしかった。勝因は何といっても天理大の3人のトンガ選手を封じ切ったことに尽きる。

 特にCTBフィフィタのところ。BKはFWと違い、間合いが十分にある分、脅威となるが、相手SHがパスした瞬間、BK陣が1つの面となって間合いを詰め、フィフィタが加速する前に3人ほどで壁をつくり、1対1のタックルでしっかり止めた。このため、オフロードパス(防御の背中側を通すパス)で突破されるシーンもほとんどなく、試合を通じて守備の精度は高かった。

 明大の守備の精度は、密集での相手ボール奪取6度という数字にも表れた。「壁」のところで1対1で確実に止めれば、そこに寄っている選手は相手より早くボールに働きかけられる。今年のW杯で、日本代表が強豪と戦う際の道しるべを示してくれたといってもいいのではないか。

 攻めても前半はBKで2トライ。後半21分には明大らしいFWの推進力で、HO武井がトライを追加した。スクラムやラインアウトはもちろん、接点の強さ、モールや連続攻撃、地域を獲得するキック、攻撃の多彩さ、最後のスクラムの前にFW第1列を全て入れ替えたベンチワークも含め、総合力の高いチームに成長した。

 私が監督に就任した2009年度(~12年度)から、より大学のサポートを得て強化する体制にした。それから10年。OB会の思い、指導スタッフの苦労、何より選手たちの努力がこの結果につながった。今の明大の選手層の厚さは大学NO・1といえる。さらに総合力を高め、黄金時代を築いてほしい。

吉田 義人(よしだ・よしひと)

 1969(昭和44)年2月16日生まれ、49歳。秋田・男鹿市出身。小3からラグビーを始め、男鹿東中から秋田工高に進み、同高1年で全国制覇。87年に明大に入学し、4年では主将として大学選手権優勝に導いた。88年に19歳で日本代表に選ばれ、91、95年W杯出場など30キャップ。伊勢丹-コロミエ(フランス)-三洋電機-サニックスでプレーし、2004年に引退。09~12年度には明大監督を務めた。家族は妻と長男。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • ラグビー・大学選手権(準決勝以降)
  • 明大
  • 天理大
  • 明大・主な4年生の就職希望先
  • 天理大・主な4年生の就職希望先
  • 明大・最近10年の対抗戦成績
  • ラグビー・大学選手権優勝回数
  • 天理大・大学選手権全成績
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 【ホイッスル 吉田義人】明大、ベンチワークも含め総合力の高いチームに成長!