2019.1.12 20:58

明大・祝原「ターニングポイントとなるスクラムが分かるようになった」/大学選手権

明大・祝原「ターニングポイントとなるスクラムが分かるようになった」/大学選手権

  • 前半、明大・祝原涼介が天理大のファウル・マキシを引きずりながら突進=秩父宮ラグビー場(撮影・今野顕)
  • 前半、トライを決める明大・高橋汰地=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 前半、突進し、トライを決める明大・高橋汰地=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 前半、明大・高橋汰地(中)がトライを決めて福田健太(右)が抱きついて祝福=秩父宮ラグビー場(撮影・今野顕)
  • 試合後、フィフティーンに胴上げされる明大・田中監督=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 田中監督と抱き合う抱き合う明大・福田健太=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 優勝に歓喜する明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)

 ラグビー大学選手権決勝(12日、天理大17-22明大、秩父宮)かつて「重戦車」と呼ばれた明大FWが意地を見せた。序盤は天理大の低いスクラムに苦戦したが、徐々に対応。12-5の後半16分はスクラムで得た反則からPGを決めた。プロップ祝原は「ハーフタイムで修正したのがうまくいった」と喜んだ。

 関東対抗戦では要所のスクラムでミスを犯して慶大と早大に惜敗。祝原は「ターニングポイントとなるスクラムが分かるようになった」と成長を口にした。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 明大・祝原「ターニングポイントとなるスクラムが分かるようになった」/大学選手権