2019.1.11 05:01

サンウルブズ・HO堀江、右足甲骨折の手術していた 全治4~6カ月

サンウルブズ・HO堀江、右足甲骨折の手術していた 全治4~6カ月

右足甲の手術を受けていたことを明らかにした堀江

右足甲の手術を受けていたことを明らかにした堀江【拡大】

 ラグビー日本代表のHO堀江翔太(32)=パナソニック=が10日、昨年11月下旬に右足甲の手術を受けていたことを明かした。

 「全治は4、5、6カ月くらい。それも人による。(トレーニングは)痛くない範囲ではやってもいい。ランニングはまだやっていない」

 昨年9月にパナソニックでの練習中、右足舟状骨(しゅうじょうこつ)を疲労骨折。2011、15年のW杯にも出場した日本代表の中心選手ながら、昨秋の代表メンバーから外れ、代表活動に参加していなかった。

 当初手術の予定はなかったが「骨自身が戻ろうとしていなかったから。手術しようと」。日本で9月に開幕するW杯を目前に控えた中で、決断を下した。

 今後はスーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズに帯同しながら別行動でリハビリに励む。この日、サンウルブズのメディカルチェック後に取材に応じた堀江は、実戦復帰について「なるべく早くと思っている。5、6月に間に合えば」。自身3度目のW杯へ、万全の状態での復活を誓った。 (阿部慎)

★日本代表・WTBレメキも疲労骨折

 今季のトップリーグでトライ王になった日本代表WTBレメキ・ロマノラバ(29)=ホンダ=も、今月になって左脚付け根の疲労骨折が判明したことを明らかにした。回復に「1、2カ月くらいかかる」と語った。

試合日程へ代表メンバーへ

  • 堀江の故障箇所
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. サンウルブズ・HO堀江、右足甲骨折の手術していた 全治4~6カ月