2019.1.9 21:11

パナ・WTB福岡、W杯で15人制代表引退へ 医師を目指し「悔いがないようにしたい」

パナ・WTB福岡、W杯で15人制代表引退へ 医師を目指し「悔いがないようにしたい」

福岡堅樹

福岡堅樹【拡大】

 ラグビー日本代表30キャップを持つWTB福岡堅樹(パナソニック)が9日、9月開幕のワールドカップ(W杯)日本大会後に15人制代表から退く意向を示した。「15人制の代表は今年まで。悔いがないようにしたい」とW杯への決意を語った。

 医師を目指すためで、これまでも2019年W杯とともに目標に掲げる7人制の20年東京五輪に出場した後、第一線を退く考えを示していた。26歳の福岡は快足WTBとして活躍。15人制の15年W杯と7人制のリオデジャネイロ五輪にも出場した。

 この日は東京都内でスーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズの一員としてメディカルチェックを受け、報道陣の取材に応じた。

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. パナ・WTB福岡、W杯で15人制代表引退へ 医師を目指し「悔いがないようにしたい」