2019.1.8 05:02

桐蔭学園、初単独Vならず…“TOIN対決”悔しい逆転負け/高校ラグビー

桐蔭学園、初単独Vならず…“TOIN対決”悔しい逆転負け/高校ラグビー

敗れてうなだれる桐蔭学園の選手たち=花園ラグビー場(撮影・村本聡)

敗れてうなだれる桐蔭学園の選手たち=花園ラグビー場(撮影・村本聡)【拡大】

 第98回全国高校ラグビー決勝(7日、大阪桐蔭26-24桐蔭学園、花園I)初の単独優勝はならなかった。桐蔭学園のSH小西主将(3年)は、終了の笛に天を仰いだ。

 「自分たちがボールを持っている時間帯で攻め切れなかった」

 後半28分、敵陣でCTB江川(3年)が抜け出し、フォローしたFB伊藤祐(2年)から手渡しパスを受けた小西が今大会初トライ。24-26として逆転Vの夢をつないだ。だが、最後の望みをかけた自陣からのBK攻撃で、江川が強烈なタックルを浴びてボールを奪われ、万事休した。

 藤原秀之監督(50)は「点差より(力の)差はあった」と敗北を認めた。「高校3年間の集大成として、後輩たちと日本一の景色を見たかった」と悔やむ小西は、「寅さん」で有名な葛飾・柴又の河川敷で2歳半から楕円(だえん)球を追った。4月に早大に入学。次のステージで新たなチャレンジを続ける。 (田中浩)

試合結果へ試合日程へ歴代優勝校へ

  • 前半、大阪桐蔭・嘉納一千にトライを決められ、厳しい表情の桐蔭学園の選手たち=花園ラグビー場(撮影・村本聡)
  • 桐蔭学園
  • 桐蔭学園・主な3年生の進路
  • 大阪桐蔭
  • 大阪桐蔭・主な3年生の進路
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 高校ラグビー
  4. 桐蔭学園、初単独Vならず…“TOIN対決”悔しい逆転負け/高校ラグビー