2019.1.3 18:46

長崎北陽台、4強逃すも「最高の3年」/高校ラグビー

長崎北陽台、4強逃すも「最高の3年」/高校ラグビー

前半、突進を阻まれる長崎北陽台・亀井(中央右)=花園

前半、突進を阻まれる長崎北陽台・亀井(中央右)=花園【拡大】

 第98回全国高校ラグビー準々決勝(3日、長崎北陽台12-40東福岡、花園I)長崎北陽台は東福岡の堅い防御を崩しきれず、4強入りを逃した。それでも、ナンバー8の山添主将は「最後にこの素晴らしい場所でラグビーができて、最高の3年間でした」と、目を赤くしながら胸を張った。

 進学校として知られ、大学入試センター試験を控える3年生も多い。高校教員を目指して筑波大を受験する予定のフッカー永野は、大会中も一日2時間は勉強を欠かさなかったという。「花園の経験を将来、子供たちに伝えたい。まだ気持ちを切り替えられないけど、夢のためにも頑張りたい」と話した。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 東福岡に敗れ肩を落とす長崎北陽台フィフティーン=花園
  • 東福岡に敗れ肩を落とす長崎北陽台フィフティーン=花園
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 高校ラグビー
  4. 長崎北陽台、4強逃すも「最高の3年」/高校ラグビー