2018.12.31 05:04(1/2ページ)

大阪桐蔭、14トライ86点発進!悲願初Vへ圧勝/高校ラグビー

大阪桐蔭、14トライ86点発進!悲願初Vへ圧勝/高校ラグビー

奥井(右)は相手DFをハンドオフして前進。昨年大会の悔しさを晴らす(撮影・村本聡)

奥井(右)は相手DFをハンドオフして前進。昨年大会の悔しさを晴らす(撮影・村本聡)【拡大】

 第98回全国高校ラグビー第3日(30日、花園ラグビー場)シード校が初登場する2回戦16試合が行われ、前回大会準優勝のAシード・大阪桐蔭(大阪第1)は土佐塾(高知)から14トライを奪うなどして86-7で圧勝発進。FL奥井章仁(2年)が107キロの体格を生かした力強いプレーを見せて勝利に貢献した。1月1日に迎える次戦の3回戦では玉島(岡山)と対戦する。同じくAシードで春の選抜大会を制した桐蔭学園(神奈川)も大分舞鶴に67-7で勝った。

 1メートル78、107キロの“重戦車”が敵陣へと突き進む。FL奥井が次々に相手DFをはね飛ばすとスタンドのどよめきはどんどん大きくなった。最後は止められたが、ボールはキープ。圧勝V発進の中で存在感を示した。

 「今年は自分が中心選手という意識を持ってやっている。それがきょうのボールキャリーになったと思います」

 チームは試合開始わずか50秒で先制トライ。そして前半4分。奥井は敵陣10メートルラインでボールを受けると突き飛ばし、なぎ倒し1、2、3…7人を振り切った。約30メートル先で2人がかりで止められたが、チームはそこから右へ展開して2トライ目につなげた。29-0の16分には自らもトライ。中1日の3回戦を前に前半終了で交代したものの、堂々たる活躍だった。

 「去年の花園の悔しさを晴らせるのは、今年の花園しかない」

 1年生ながらレギュラーとして経験した昨季は同じ大阪勢の東海大仰星(現東海大大阪仰星)との決勝で敗れた。枚方市出身で、自宅から自転車で20分も行けばその名門校がある。しかし、綾部正史監督(43)の熱心な勧誘と「自分が入って試合に出て、初めての日本一になりたい」と夢を抱いて大阪桐蔭への進学を決めた。

【続きを読む】

  • 前半、大阪桐蔭・奥井章仁が突進する=花園ラグビー場(撮影・村本聡)
  • 前半、相手の突進を止める大阪桐蔭・奥井章仁=花園ラグビー場(撮影・中島信生)
  • 前半、相手の突進を振り切る大阪桐蔭・奥井章仁=花園ラグビー場(撮影・中島信生)
  • 前半、大阪桐蔭・奥井章仁が突進する=花園ラグビー場(撮影・村本聡)
  • 前半、パスを受け走り込む大阪桐蔭・奥井章仁=花園ラグビー場(撮影・中島信生)
  • 前半、パスを受け走り込む大阪桐蔭・奥井章仁=花園ラグビー場(撮影・中島信生)
  • 前半、トライを決める大阪桐蔭・奥井章仁=花園ラグビー場(撮影・中島信生)
  • 前半、大阪桐蔭・奥井章仁が突進する=花園ラグビー場(撮影・村本聡)
  • 大阪桐蔭-土佐塾後半、突進しトライを決める大阪桐蔭・吉田=花園
  • 前半、大阪桐蔭・野村将大(中央)が突進する=花園ラグビー場(撮影・村本聡)
  • 前半、大阪桐蔭・三島琳久がトライを決める=花園ラグビー場(撮影・村本聡)
  • 大阪桐蔭・花園成績
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 高校ラグビー
  4. 大阪桐蔭、14トライ86点発進!悲願初Vへ圧勝/高校ラグビー