2018.12.19 05:00

【絆トーク】サントリー・沢木監督、準Vでも“原石”磨き輝かせようという姿勢に指導者たる誇りがにじんだ

【絆トーク】

サントリー・沢木監督、準Vでも“原石”磨き輝かせようという姿勢に指導者たる誇りがにじんだ

サントリー・沢木監督

サントリー・沢木監督【拡大】

 ラグビーのトップリーグ決勝で神戸製鋼に敗れて3連覇を逃したサントリー。神鋼をはじめ多くのチームが今季拡大された外国選手枠を活用する中、沢木敬介監督(43)は独自の視点を持っている。

 「サントリーは日本選手をしっかり育てることに力を入れている」

 決勝でも先発に新人3人を起用。そのうちCTB梶村祐介(23)ら2人を、今秋の日本代表に送り出した。

 多くの指導者が大学の有望選手の獲得に心血を注ぐ傾向があるが、コーチの本業は選手を育成すること。準優勝に終わっても、“原石”を磨き、輝かせようという姿勢に、日本のラグビー界を牽引(けんいん)するチームの指導者たる誇りがにじんだ。 (ラグビー担当・吉田宏)

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. トップリーグ
  4. 【絆トーク】サントリー・沢木監督、準Vでも“原石”磨き輝かせようという姿勢に指導者たる誇りがにじんだ