2018.12.17 05:03(1/3ページ)

「エンジョイできた」カーターMVP!神鋼を15季ぶり頂点に導いた男/TL

「エンジョイできた」カーターMVP!神鋼を15季ぶり頂点に導いた男/TL

MVPを受賞し、トップリーグの高島正之チェアマンから盾を贈られるカーター(左)。来季も神戸製鋼でプレーする (撮影・佐藤雄彦)

MVPを受賞し、トップリーグの高島正之チェアマンから盾を贈られるカーター(左)。来季も神戸製鋼でプレーする (撮影・佐藤雄彦)【拡大】

 ラグビー・トップリーグ(TL)の年間表彰式が16日、東京・港区の品川プリンスホテルで行われ、最優秀選手(MVP)には神戸製鋼を15季ぶりの優勝に導いた元ニュージーランド(NZ)代表SOダン・カーター(36)が選ばれた。来日1年目で、名実ともに“世界最高の司令塔”を証明した。新人賞はリーグ戦で7トライをマークしたトヨタ自動車のCTB岡田優輝(23)が受賞。ベストフィフティーンも発表された。

 「MVPはダン・カーター」。今季MVPのアナウンスに会場のラグビー関係者、ファンの誰もが納得顔で拍手を送った。3連覇を狙ったサントリーを55-5と圧倒し、歓喜の日本一から一夜。深紅のジャージーをスーツに着替えたレジェンドが、穏やかな表情で喜びを語った。

 「神戸製鋼というチームで、日本のラグビーを本当にエンジョイしました。MVPが取れたことを誇りに思う」

 NZ代表で112キャップを誇り、オールブラックスのW杯2連覇に貢献。世界最優秀選手に3度選ばれた男にとっても、新天地での勲章は格別のものだった。

 NZ、フランスの強豪クラブで活躍しながら、36歳で来日。大きな挑戦だった。「この年齢で、どこまでできるのかと思う人もいたと思う。でも、来たからにはチームに貢献したい、それができることを証明したかった」。加入1年目からハードワークを自身に課し、プレースキック成功率86・2%でベストキッカーも受賞した。

【続きを読む】

  • ベストフィフティーンに選ばれた選手たちは誇らしげな表情を浮かべた
  • MVPを受賞し盾を贈られる神戸製鋼・カーター=東京都品川区のホテル(撮影・佐藤雄彦)
  • ラグビー・トップリーグの年間表彰式で、MVPに選ばれ笑顔を見せる神戸製鋼・カーター(左)=東京都内のホテル
  • ラグビー・トップリーグの年間表彰式で、初のトライ王に輝きあいさつするホンダ・ロマノラバ=東京都内のホテル
  • ラグビー・トップリーグの年間表彰式で新人賞を受賞し、あいさつするトヨタ自動車・岡田優輝=東京都内のホテル
  • ベストフィフティーン(フランカー)を受賞しトップリーグアンバサダーを務める女優の山崎紘菜(右)からトロフィーを贈られる東芝のリーチ・マイケル=東京都品川区のホテル(撮影・佐藤雄彦)
  • トップリーグ・歴代MVP
  • 2018年度トップリーグ・主な年間表彰
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. トップリーグ
  4. 「エンジョイできた」カーターMVP!神鋼を15季ぶり頂点に導いた男/TL