2018.12.16 16:06

昨季準優勝の明大が2季連続のベスト8入り/大学選手権

昨季準優勝の明大が2季連続のベスト8入り/大学選手権

 ラグビーの大学選手権は16日、大阪市の金鳥スタジアム、埼玉・熊谷ラグビー場で3回戦を行い、金鳥スタジアムの明大(関東対抗戦4位)-立命大(関西2位)は昨季準優勝の明大が50-19で勝ち、2季連続のベスト8入りを果たした。

 前半6分にSO松尾将太郎のPGで先制した明大は、PR安昌豪の2トライなど前半で5トライを奪った。しかし、後半は立命大の反撃を浴び連続3トライを献上。そこから流れを食い止め、2トライを加えた。

 熊谷ラグビー場の大東大(関東リーグ戦2位)-筑波大(関東対抗戦5位)は、筑波大がしぶとい守備で健闘したが、5トライを奪った大東大が31-7で勝ち、3季連続の8強(ステージ制だった2015年度はリーグ戦を勝ち抜けて4強)進出となった。

 22日の準々決勝(金鳥ス)で明大は関東リーグ戦を制した東海大と、大東大は関西リーグ3連覇の天理大と対戦する。

試合日程へ組み合わせへ

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 昨季準優勝の明大が2季連続のベスト8入り/大学選手権