2018.12.4 05:02

帝京大・FB竹山が2年連続得点王/関東対抗戦

帝京大・FB竹山が2年連続得点王/関東対抗戦

 関東大学ラグビーは2日の早明戦で全日程が終了。個人成績も確定した。対抗戦は帝京大FB竹山晃暉が2年連続得点王となった。140得点だった昨年より19点増。対抗戦8連覇を決め、次の目標は大学選手権10連覇だ。

 慶大SO古田京はGK数では3位だが、成功率は44本中41本成功の93・2%で竹山(90・9%)を上回りトップ。ここ3シーズンの対抗戦での7敗は全て1桁点差で「2点、3点で決まる試合もある」と実感。練習を重ねてきた結果といえる。

 リーグ戦のトライ王、東海大HO加藤竜聖の17トライは、ほとんどがラインアウトからモールで押し込んで取った。優勝を決めた大東大戦も、この形で劇的な逆転トライ。「自分たちの一番の強み」という武器を、初の大学選手権制覇に向けさらに磨きをかける。(田中浩)

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 帝京大・FB竹山が2年連続得点王/関東対抗戦