2018.12.3 05:02(1/3ページ)

荒ぶる先制T!早大1年生FB河瀬が点火、父・泰治さんの母校を撃破/関東対抗戦

荒ぶる先制T!早大1年生FB河瀬が点火、父・泰治さんの母校を撃破/関東対抗戦

対抗戦優勝を決めた早大フィフティーンは、笑顔で記念写真に納まった (撮影・山田俊介)

対抗戦優勝を決めた早大フィフティーンは、笑顔で記念写真に納まった (撮影・山田俊介)【拡大】

 関東大学ラグビー対抗戦(2日、早大31-27明大、秩父宮)伝統の早明戦は早大が31-27で勝利。既に8連覇を決めていた帝京大と6勝1敗で並んで8年ぶり23度目の優勝を果たした。早大の1年生FB河瀬諒介が前半3分に先制トライを奪い、父・泰治さん(59)の母校の明大打倒に貢献した。全日程を終了し、明大は5勝2敗で慶大と同時3位。早大は対抗戦2位扱い、明大は4位扱いで全国大学選手権に臨む。7位日体大と8位成蹊大は入れ替え戦に回る。

 伝統の一戦で、早大期待のルーキーが先制のトライを奪った。前半3分、ラインアウトからの連続攻撃。左へ展開し、SO岸岡からパスを受けたFB河瀬が、一瞬にしてトップスピードへと加速。明大DF3人を交わしてインゴールに飛び込んだ。

 「いつもの試合と違って緊張していたけど、トライを取るのが僕の仕事。チームにいい流れを作れてよかった」

 2万2256人が詰めかけた早明戦。河瀬は初めての大舞台に武者震いしたというが、すがすがしい表情で価値ある先制トライを振り返った。

【続きを読む】

  • 前半、先制トライを決める早大・河瀬=秩父宮
  • 最近10年の早明戦成績
  • 関東大学ラグビー・対抗戦勝敗表
  • 早大・最近の大学選手権成績
  • ラグビー・大学選手権(3回戦以降)
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 荒ぶる先制T!早大1年生FB河瀬が点火、父・泰治さんの母校を撃破/関東対抗戦