2018.12.3 05:00

【ホイッスル 吉田義人】選手権に向け早大はスクラム強化、明大は規律ある防御が課題

【ホイッスル 吉田義人】

選手権に向け早大はスクラム強化、明大は規律ある防御が課題

特集:
ホイッスル 吉田義人
対抗戦優勝を決め、記念撮影におさまる早大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)

対抗戦優勝を決め、記念撮影におさまる早大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)【拡大】

 関東大学ラグビー対抗戦(2日、早大31-27明大、秩父宮)両校ともに持ち味を出し合う、伝統の一戦にふさわしい試合だった。好ゲームの明暗を分けたのは、早大の17-13で迎えた後半10分の明大のスクラムだ。早大ゴール前で自信を持って選択したが、スクラムを崩す反則を奪われた。

 それまで優位だったプレーだけに、勝負どころで気負ったのだろう。早大は流れが相手に傾きかねない窮地にFWが集中していた。ショックを受けたのか明大は直後、立て続けにトライを許して大勢は決した。

 早大は80分を通して防御が機能していたのも勝因の1つだ。1対1でいいファイトをしただけでなく、密集への2人目の入り、集散も相手を上回っていた。大学選手権に向け、早大はスクラムの強化、明大は規律を持った防御が課題になる。

(7人制チーム「サムライセブン」監督、元日本代表WTB、明大OB)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • ライバル明大を破った早大フィフティーンは抱き合って大喜び(撮影・山田俊介)
  • 最近10年の早明戦成績
  • 関東大学ラグビー・対抗戦勝敗表
  • 早大・最近の大学選手権成績
  • ラグビー・大学選手権(3回戦以降)
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 【ホイッスル 吉田義人】選手権に向け早大はスクラム強化、明大は規律ある防御が課題