2018.11.28 11:13(1/2ページ)

【ラグビーコラム】世界クラスを証明したリーチ・マイケル、体を張り続ける男たちの姿を見よ

【ラグビーコラム】

世界クラスを証明したリーチ・マイケル、体を張り続ける男たちの姿を見よ

特集:
ノーサイドの精神
日本代表・リーチマイケル主将

日本代表・リーチマイケル主将【拡大】

 【ノーサイドの精神】ラグビー日本代表は、26日に英国遠征から帰国した。世界選抜とのノンテストマッチを含めて、今秋の試合は1勝3敗で終えたが、主将のFLリーチ・マイケル(30)=東芝=が、世界クラスの選手だということをあらためて証明した。

 英国でのイングランド、ロシア戦で3トライ。辛辣(しんらつ)で知られる英メディアも、敗れたイングランド戦の個人評価で10点満点をつけたほどに能力を輝かせた。

 今秋の代表戦は全4試合でフル出場。相手との激突が多く、体力の消耗が激しいFLでは驚くべきプレー時間だが、そのリーチ主将が英国で何度も名前を挙げた日本人選手がいた。リーチが“キンちゃん”と呼ぶその男の名は大野均だ。

 「キンちゃんは、(2015年のW杯)イングランド大会のとき37歳?。いま(自分は)30歳。まだまだいける。」

 日本ラグビー界の鉄人は、40歳となった今季も現役としてリーチと同じ東芝のLOとして活躍する。16年6月のスコットランド戦を最後に代表戦からは遠ざかるが、残り2となった日本選手初の代表100キャップも諦めていない。

 だが、リーチ主将が大野を引き合いに出すのは、年齢や日本最多の98キャップという数字のためではない。どんな苦境でも黙々とプレーを続け、密集戦に頭を突っ込む。“しんどい”プレーから逃げない。代表でも東芝でも、すべての選手が“若手”だが、「代表に入ったばかりの若い選手があれだけ頑張っている。だから自分も頑張らないと」と笑って、後輩たちに交じり、厳しい練習に打ち込むのが大野という男だ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. 【ラグビーコラム】世界クラスを証明したリーチ・マイケル、体を張り続ける男たちの姿を見よ