2018.11.28 10:00(1/3ページ)

【チャンストーライ】原田隆司氏、日本が強くなるためにはレフェリーのレベル上がる必要ある

【チャンストーライ】

原田隆司氏、日本が強くなるためにはレフェリーのレベル上がる必要ある

2012年1月のトップリーグで主審を務めた原田氏(右)。レフェリーのレベルアップの必要性を訴えた

2012年1月のトップリーグで主審を務めた原田氏(右)。レフェリーのレベルアップの必要性を訴えた【拡大】

 来年9月の開幕まで1年を切ったラグビーW杯日本大会にかかわる人々を取り上げる「チャンストーライ」。第4回は元日本協会公認A級レフェリーの原田隆司さん(51)の登場です。小学校教諭を退職し、プロレフェリーとして活動。現在は世界に通じる日本人レフェリーの育成に力を入れる異色の経歴の持ち主が、本大会に期待することとは-。

 グラウンドで技術向上を目指しているのは選手だけではない。レフェリーも同じように日々、努力を重ねている。原田さんは力を込める。

 「僕は日本のラグビーが強くなるためには、日本のレフェリーのレベルが上がる必要があると思っています。日頃のプレーが世界基準の判定では通用しないとなると、世界と戦えませんから」

 原田さんの肩書は「日本協会技術委員会審判部門ハイパフォーマンスグループ・マネジャー」。トップリーグ(TL)や国際試合を担当するトップレフェリーを育成、マネジメントする仕事だ。

 TLでは各試合の担当者を割り振り、シーズン中は全試合のレフリングをチェックする。TLのチームからの問い合わせに対応することもあり、迅速さを要する作業だ。加えて今季はW杯本番に向け、試合中の選手交代を管理する「ピッチコントローラー」の育成にも追われている。

 元々は小学校の教諭。24歳のとき「ラグビーと関わっていたかった」とC級レフェリーの資格を取得し、休日を利用して笛を吹いてきた。そして40歳のとき、レフェリー一本で生きていくことを決意。昇級とともに国際大会を担当する機会も増え「先生とラグビーのバランスが1対9ぐらいになっていた。僕にとってラグビーは削れないもの。迷いはありませんでした」と振り返る。

 ラグビーを取り巻く環境の変化に対する危機感もあった。

 「プロ化が進み、海外の代表監督や選手もTLに来ているのにレフェリーがアマでは、レベルに追いつけない。誰か24時間、真剣に考えて行動する人がいないと取り残されてしまう」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. 【チャンストーライ】原田隆司氏、日本が強くなるためにはレフェリーのレベル上がる必要ある