2018.11.15 05:00

【絆トーク】石川遼のゴルフファンつくる姿勢に感激 記者もラグビー界の架け橋になりたい

【絆トーク】

石川遼のゴルフファンつくる姿勢に感激 記者もラグビー界の架け橋になりたい

石川遼

石川遼【拡大】

 記者として初めての担当としてゴルフを取材して、気がつけば1年半。今月からラグビー担当になった。寂しさもありながら、新天地に胸も膨らませている。

 ちょうど1年前の男子ゴルフ「カシオワールドオープン」での取材を思い出す。国内ツアーに戻った石川遼(27)=CASIO=に、練習が終わるのを待って話を聞いた。記者がゴルフの知識が深くないことを察した石川は「ゴルフにはパー5、パー4、パー3があってね」と、とにかく丁寧に答えてくれた。情けない話だが、感激した。

 人気が低迷しているといわれる男子ゴルフ界だが、一人ずつファンをつくる姿勢が未来につながる。それはラグビー界も同じなはず。架け橋になるよう努力したい。 (ラグビー担当・阿部慎)

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 【絆トーク】石川遼のゴルフファンつくる姿勢に感激 記者もラグビー界の架け橋になりたい