2018.11.10 16:31

東芝が白星発進、SO森田「動揺や悲観的なものはなかった」/TL

東芝が白星発進、SO森田「動揺や悲観的なものはなかった」/TL

 ラグビー・トップリーグ(TL)で今季新設されたカップ戦が10日、開幕。東京・町田市立野津田公園陸上競技場などで3試合が行われ、リーグ戦で苦戦が続いた1次リーグD組の東芝は豊田自動織機から7トライを奪い、49-27で白星発進した。トヨタ自動車は35-22でコカ・コーラを破った。B組はキヤノンが日野に20-7で勝った。

 東芝はラグビー部の運営撤退検討報道が出てから初の公式戦。2017年1月のパナソニック戦(秩父宮)以来、1年10カ月ぶりの公式戦出場となったSO森田佳寿は「会社からも『そういうことはない』と、すぐに否定してもらったし、チームに動揺や悲観的なものはなかった。ぼくたちができるのは、どういうラグビーを見せられるかということ。このカップ戦もすごく大事な大会になる」と話し、影響がなかったことを強調した。

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 東芝が白星発進、SO森田「動揺や悲観的なものはなかった」/TL