2018.11.2 05:04(1/3ページ)

ラグビーの名門激震…東芝が撤退検討、他社に運営権譲渡へ

ラグビーの名門激震…東芝が撤退検討、他社に運営権譲渡へ

10月6日のヤマハ発動機戦に敗れ、肩を落とすリーチ マイケル(左)。チームは低迷した 

10月6日のヤマハ発動機戦に敗れ、肩を落とすリーチ マイケル(左)。チームは低迷した 【拡大】

 経営再建を目指す東芝が、日本選手権6度、トップリーグ(TL)5度の優勝を誇るラグビー部のチーム運営から撤退する検討に入ったことが1日、分かった。複数の東芝関係者が明らかにした。昨年12月に運営継続を表明したが、合理化徹底のため方針を転換。バスケットボールに続き、運営費の負担が大きいラグビーも他社に運営権を譲る方向で調整する。多くのプロ野球選手を輩出した野球も、見直し対象となる可能性がある。

 ラグビー界の“巨人”に激震だ。TLで3連覇を含む最多5度の優勝を誇る東芝ラグビー部。2015年に東芝本社の不正会計が発覚して業績不振に陥る中、経営再建の道を歩み始めた矢先に、逆風にさらされた。

 今年4月、元三井住友銀行副頭取の車谷暢昭氏を会長兼最高経営責任者(CEO)に迎えた同社だが、首脳陣は東芝の高コスト経営を問題視。スポーツもリストラ対象の例外に認めない方向となったようだ。11月8日に公表する中期経営計画には明記しない。

【続きを読む】

  • 1998年シーズンに日本選手権3連覇を達成した東芝。王者に君臨した
  • 東芝の主なOB
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. トップリーグ
  4. ラグビーの名門激震…東芝が撤退検討、他社に運営権譲渡へ