2018.10.22 05:01

帝京大、全勝対決制す!大学選手権V10へ慶大の追撃振り切った/関東対抗戦

帝京大、全勝対決制す!大学選手権V10へ慶大の追撃振り切った/関東対抗戦

突進する竹山(左)。帝京大は辛うじて逃げ切り、4戦全勝とした (撮影・蔵賢斗)

突進する竹山(左)。帝京大は辛うじて逃げ切り、4戦全勝とした (撮影・蔵賢斗)【拡大】

 関東大学ラグビー(21日、秩父宮ラグビー場ほか)対抗戦8連覇、大学選手権10連覇を狙う帝京大が慶大との全勝対決を24-19で制し、4戦全勝とした。慶大は3勝1敗。日体大を68-10で退けた早大も開幕4連勝。リーグ戦ではV2を目指す大東大と流通経大が、ともに4戦全勝とした。

 前半25分、FB竹山晃暉(4年)を起点にしたラックから、帝京大は右に大きく振ると、内へのリターンパスの連続で最後はSH小畑健太郎(4年)が中央にトライを奪った。34分には竹山が自らのショートパントを慶大ゴール前で取り、SO北村将大(2年)につないでトライを追加。21-7と差を広げた。

 「どこにスペースがあるか、常に考えて動いている」

 昨季までのWTBからFBに移った竹山が、最後尾からチームを勢いに乗せた。

 春季大会で明大、夏合宿では明大、早大に敗れ、対抗戦開幕までに3敗は近年にはなかった。かつて他校を圧倒したFWのフィジカルや密集戦での圧力は、ライバルの強化も進み絶対の強みではなくなってきた。だからこそ、スペースを見つけ、生み出す巧みさは、大学V10を狙う王者の生命線の一つだ。

 「毎年この時期は、100点ゲームから急激に相手のレベルが上がる」と岩出雅之監督(60)もひと息。包囲網の縮まりを実感しながら、早大(11月4日)、明大(同18日)と続く大きなヤマを乗り越える。 (田中浩)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • 試合に勝利し喜び合う帝京大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、トライを決める帝京大・北村将大=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、独走しトライを決める帝京大・尾崎泰雅=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、トライを決める帝京大・小畑健太郎=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、コンバージョンゴールを決める帝京大・竹山晃暉=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 当日券を求める人でできた行列=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 帝京大、全勝対決制す!大学選手権V10へ慶大の追撃振り切った/関東対抗戦