2018.10.14 05:00

リコー、「信じた」4トライ!/TL

リコー、「信じた」4トライ!/TL

後半、パナソニック・稲垣啓太(左)のハイタックルを受けながらもトライを決めるリコー・武者大輔。稲垣はこのタックルでシンビンとなる=太田市運動公園陸上競技場(撮影・山田俊介)

後半、パナソニック・稲垣啓太(左)のハイタックルを受けながらもトライを決めるリコー・武者大輔。稲垣はこのタックルでシンビンとなる=太田市運動公園陸上競技場(撮影・山田俊介)【拡大】

 トップリーグ第6節(13日、パナソニック17-26リコー、太田)リコーが「スイング・ザ・バット」を合言葉に、激しい守備と思い切りのいい攻撃でパナソニックから4トライを奪い、初の決勝トーナメント進出を決めた。「80分間、バットを振り続けられた。何も恐れず、自分たちを信じ続けた」とCTB浜野大輔主将も感無量の表情。クボタに16-22で敗れた前節は胃腸炎で欠場した。神鳥監督は「責任感の強い男だけに、一番うれしいのでは」と大きな白星に目を細めた。

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • 後半、パナソニック・稲垣啓太(左)のハイタックルを受けながらもトライを決めるリコー・武者大輔。稲垣はこのタックルでシンビンとなる=太田市運動公園陸上競技場(撮影・山田俊介)
  • 後半、トライを決めるリコー・ボーク=太田市運動公園陸上競技場
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. トップリーグ
  4. リコー、「信じた」4トライ!/TL