2018.10.3 11:20(1/2ページ)

【ラグビーコラム】日本代表のSOが気がかり、けがで調整中の小野に期待

【ラグビーコラム】

日本代表のSOが気がかり、けがで調整中の小野に期待

特集:
ノーサイドの精神
突進するサントリー・小野晃征

突進するサントリー・小野晃征【拡大】

 【ノーサイドの精神】ラグビーの世界ランキング1位に君臨するニュージーランド、同4位のイングランドと11月に対戦する日本代表が1日に発表された。W杯日本大会開幕まで1年を切り、選ばれた35人は、夢の舞台へ1歩前進したといえるだろう。

 その中で気がかりなのが、SOのセレクションだ。チームの司令塔として攻撃の起点となり、試合を組み立てるのがSOの主な役割。勝敗の鍵を握るポジションだ。

 今回SOで選出されたのは田村優(29)=キヤノン=と松田力也(24)=パナソニック=の2人。春シーズンから変化はない。南アフリカを倒し、3勝を挙げた2015年W杯にも出場した田村は、大会後も代表、サンウルブズ(スーパーラグビー)と経験を積み、名実ともに日本を代表する10番に成長。松田も、帝京大でSOとしてチームをリードした実績を持つ。

 これまでの起用方法をみても、主力SOは田村、若手の松田を控えで投入して経験値を上げていくのが基本路線だ。だが、帝京大時代はSOとして目を見張るほどの活躍をみせた松田は、パナソニックではCTBに専念。SOに近い役割のポジションとはいえ、日本代表がW杯でめざすのは世界のトップ8。このレベルでの司令塔としての経験は、まだ十分ではない。

 コンタクトスポーツでもあるラグビーは、どんなポジションの選手でも、いつ大けがを負うかはわからない。経験豊富な田村だが、万が一、W杯期間中に大きなけがに見舞われたときは、若い松田に大きな責任がのしかかることになる。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 【ラグビーコラム】日本代表のSOが気がかり、けがで調整中の小野に期待