2018.9.20 05:01(1/2ページ)

2019年ラグビーW杯あと1年 強豪国紹介

2019年ラグビーW杯あと1年 強豪国紹介

王者ニュージーランド代表

王者ニュージーランド代表【拡大】

★ニュージーランド

 協会創立1892年。2011、15年大会の連覇など、W杯を3度制したラグビー王国。上から下までの黒装束で、ニックネームは「オールブラックス」。力強いFW、速くて展開力に満ちたBKが一体となり、どこからでもトライを取れる。世界ランキング1位は譲らず、来年も押しも押されもしない優勝候補の筆頭だ。16、17年と2年連続世界最優秀選手に輝いたSOボーデン・バレットらタレントは豊富で、21歳のWTBリーコ・イオアネは注目のホープ。6月のテストマッチは地元にフランス代表を迎え3連勝。11月3日には味の素スタジアムで日本代表と対戦する。

★アイルランド

 協会創立1879年。W杯はベスト8どまりだが、世界ランキングは過去最高でニュージーランドに続く2位。緑のジャージーにはケルト民族の誇りが詰まり、世界的には決して大きくないサイズで体を張ったプレーを繰り広げる。まさに魂のラグビーだ。2016年11月に米シカゴでニュージーランドから初勝利。初対戦から111年目の快挙だった。SOジョニー・セクストンはパスにもキックにも秀でる世界屈指の司令塔。昨年6月には12年ぶりに来日し、日本代表に2連勝した。W杯では来年9月28日、静岡スタジアムで日本の2戦目の相手として対戦する。

【続きを読む】

  • アイルランド代表の緑のジャージー(左)にはケルト民族の誇りが詰まっている
  • イングランド代表は誇り高き純白のジャージー(左)
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 2019年ラグビーW杯あと1年 強豪国紹介