2018.9.19 11:30(1/2ページ)

【ラグビーコラム】W杯開催まで1年、大会会場へ祈りたいことあり

【ラグビーコラム】

W杯開催まで1年、大会会場へ祈りたいことあり

特集:
ノーサイドの精神

 【ノーサイドの精神】日本で開催されるラグビーW杯まで、9月20日で、あと1年となる。先週末からは各地で大会盛り上げのためのイベントが行われるなど、開催への機運も高まってきた。その一方で、残念に思われる要素もある。

 これまでも機会があれば指摘してきたのが、大会会場についてだ。全国12会場で行われる日本大会だが、ラグビー(球技)専用スタジアムは6会場。残る6会場は、野球・球技兼用の札幌ドームと陸上競技場だ。

 W杯を日本で開催する大きな理由は、ラグビーのさらなる普及、つまり人気拡大だ。個人的には、現在の国内人気をさらに高めてから開催するべきだと思うのだが、それでもラグビー界が最も期待する部分なのは間違いない。

 9月16日に東京・千代田区の丸ビルで行われたイベントで、コピーライターの糸井重里さんが、自らを「にわかファン」と語っていた。この“にわか”こそ、W杯成功の大きなキーポイントだろう。にわかファンをどこまで増やし、すでににわかの人たちを、何人コアファンにできるか-。これこそ、組織委員会、日本協会が挑戦するべきものだろう。

 では、あまたのスポーツの中でラグビーの魅力は何だろう。ノーサイドの精神や華麗なトライなどさまざまな要素がある。その中で、生身の体による激突は大きな魅力の1つに他ならない。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 【ラグビーコラム】W杯開催まで1年、大会会場へ祈りたいことあり