2018.9.7 05:03(1/3ページ)

早大、黄金ルーキー長田で創部100周年Vだ!/関東対抗戦

早大、黄金ルーキー長田で創部100周年Vだ!/関東対抗戦

パスをつなぐ長田。ルーキーが創部100周年の早稲田を頂点に導く

パスをつなぐ長田。ルーキーが創部100周年の早稲田を頂点に導く【拡大】

 関東大学ラグビーは9日の早大-筑波大(埼玉・セナリオハウスフィールド三郷)で対抗戦が開幕。リーグ戦は16日に4試合でスタートする。大学選手権10連覇を狙う帝京大が今夏、明大、早大に敗れるなど、一強時代から変化の兆しも見える。外国選手の同時出場枠が2人から3人に増えたことも影響を及ぼしそうだ。

 創部100周年を迎えた早大が、ここ数年の低迷から脱しようとしている。夏の菅平合宿でV9王者の帝京大に28-14で勝利。ひたむきなタックル、果敢な展開攻撃と早大らしい戦いぶりで、練習試合も含め2010年以来8年ぶりの白星。帝京大戦の連敗を20でストップした。

 今季就任した1991年度主将の相良南海夫監督(49)は「8年間勝っていなかった事実を踏まえれば、勝利は大きかった。チームの状態が上がっていることは間違いない。ただ、帝京大というより対戦相手はみんなライバル」と、気を緩めることはない。

 就任後、監督は「選手が自分たちで判断するのがラグビー」と部員の自主性を求めた。そして生まれた今季のスローガンが「MOVING」(動き続ける)。この言葉にぴったりの新人がいる。CTB、WTBの長田智希だ。

【続きを読む】

  • 早大
  • 最近10年の対抗戦、リーグ戦、大学選手権優勝校
  • 2017年度対抗戦勝敗表
  • 2017年度リーグ戦勝敗表
  • 大東大
  • 東海大
  • 法大
  • 日大
  • 流通経大
  • 拓大
  • 専大
  • 成蹊大
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 早大、黄金ルーキー長田で創部100周年Vだ!/関東対抗戦