2018.8.20 05:02(1/2ページ)

新たな“聖地”釜石鵜住居復興スタジアムお披露目 開場イベントに満員6530人

新たな“聖地”釜石鵜住居復興スタジアムお披露目 開場イベントに満員6530人

釜石鵜住居復興スタジアムのオープニング記念試合で、釜石SWとヤマハ発動機が対戦。約6500人が震災からの復興を象徴する会場の第一歩を見守った (撮影・蔵賢斗)

釜石鵜住居復興スタジアムのオープニング記念試合で、釜石SWとヤマハ発動機が対戦。約6500人が震災からの復興を象徴する会場の第一歩を見守った (撮影・蔵賢斗)【拡大】

 リポビタンD釜石鵜住居復興スタジアムオープニングDAY(19日、岩手・釜石鵜住居復興スタジアム)ラグビーの2019年W杯日本大会に向けて唯一新設されたスタジアムの開場イベントが行われ、「リポビタンDメモリアルマッチ 釜石SWvsヤマハ発動機」はトップリーグのヤマハ発動機がトップチャレンジの釜石SWに29-24で勝った。ともに日本選手権7連覇の金字塔を成し遂げたチームの往年の選手による「リポビタンDレジェンドマッチ 新日鉄釜石OBvs神戸製鋼OB」も行われ、満員6530人の観衆から盛んな拍手が送られた。

 釜石SWがチャンスを迎えるたび、バックスタンドと両ゴール裏で20本近い大漁旗がはためく。ラグビーの町・釜石にW杯がやってくることを選手もファンも実感した。

 「試合に負けたことは悔しいが、いろいろなことがあってこの日を迎えられた」

 釜石SWの桜庭吉彦監督(51)は、満員のスタンドを感慨深そうに見上げた。

 鵜住居(うのすまい)地区は2011年3月の東日本大震災による津波などで死者・行方不明者約600人を出し、釜石市内でも被害が大きかった場所だ。しかし、鵜住居小と隣接する釜石東中の児童らは日ごろの防災教育のたまもので、標高約30メートルの高台まで避難。学校の建物は水没したが、約600人の児童に犠牲者は出なかった。この学校の跡地をかさ上げしたところにスタジアムが建てられている。

【続きを読む】

  • 地元・釜石SWの選手たちは、大漁旗を掲げるスタンドのファンとともに記念撮影
  • 釜石鵜住居復興スタジアムのこけら落としイベントで、対戦する釜石シーウェイブスとヤマハ発動機の選手たち。満員のスタンドでは大漁旗がはためいた=岩手県釜石市
  • 釜石鵜住居復興スタジアムでこけら落としの記念試合が開かれ、大漁旗を振って地元の釜石シーウェイブスの応援をする住民ら=岩手県釜石市
  • 後半、突進する釜石・小野航大=釜石鵜住居復興スタジアム(撮影・蔵賢斗)
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 新たな“聖地”釜石鵜住居復興スタジアムお披露目 開場イベントに満員6530人