2018.8.16 11:43

マフィ側と同僚側が接触へ 問題解決の糸口探る

マフィ側と同僚側が接触へ 問題解決の糸口探る

アマナキ・レレイ・マフィ選手

アマナキ・レレイ・マフィ選手【拡大】

 遠征先で同僚選手に暴行した疑いで一時身柄を拘束されたスーパーラグビーのレベルズ(オーストラリア)所属の日本代表FWアマナキ・レレイ・マフィ選手(28)の審問が16日、ニュージーランドの裁判所であり、弁護士はマフィ選手側が被害者側と接触する見通しだと述べた。地元メディアが伝えた。

 マフィ選手側は被害者側と直接話し合い、解決の糸口を探る意向とみられる。保釈中のマフィ選手は日本滞在中で、3日の前回審問に続き出廷しなかった。

 当初、被害者と一切連絡を取らないことが保釈条件とされたが、前回の審問で弁護士が接触を認めるよう裁判所に要請し、担当警察官の立ち会いを条件に接触が認められた。

 弁護士はこの日、次回審問でもマフィ選手の出廷を免除するよう求めた。裁判官はこれを認めたが、当事者間の話し合いがうまくいった場合は裁判手続きを進めるため、出廷を求める可能性があると述べた。

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. マフィ側と同僚側が接触へ 問題解決の糸口探る