2018.7.23 12:39

男子はNZがV2 カリー共同主将「大変な1日だった/7人制

男子はNZがV2 カリー共同主将「大変な1日だった/7人制

 ラグビー7人制のワールドカップ(W杯)最終日は22日、米サンフランシスコで行われ、男子の日本は13~16位決定予備戦でロシアに20-26で競り負けたが、続く15、16位決定戦でケニアに26-14で勝ち、15位で大会を終えた。

 決勝は王者ニュージーランドが後半にラボウボウらの3トライでイングランドを突き放し、2連覇を達成した。今季ワールドシリーズは10戦で1勝と振るわなかったが、準決勝は優勝候補のフィジーを撃破。カリー共同主将は「大変な1日だったが、チームの成し遂げたことを誇りに思う」と満面の笑みを浮かべた。

 メダルを逃したリオ五輪後、名将ティチェンズ氏がチームを去り、今回はリオ五輪が4人と経験が浅いメンバーで臨んだ。優勝が求められる黒衣軍団の責務を果たし、ベーカーは「黒いジャージーを着ることは特別。やるべきことができた」と喜んだ。(共同)

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 海外ラグビー
  4. 男子はNZがV2 カリー共同主将「大変な1日だった/7人制