2018.7.4 12:00(1/2ページ)

【ラグビーコラム】サッカーW杯で感じた「終わらせ方」の難しさ、ラグビーW杯で日本はどう終わらせる?

【ラグビーコラム】

サッカーW杯で感じた「終わらせ方」の難しさ、ラグビーW杯で日本はどう終わらせる?

特集:
ノーサイドの精神
日本対ポーランド戦で指示を出す西野朗監督=ロシア・ボルゴグラード

日本対ポーランド戦で指示を出す西野朗監督=ロシア・ボルゴグラード【拡大】

 【ノーサイドの精神】つくづく「終わらせ方」は難しいと感じた。サッカーW杯の日本代表のことだ。日本時間7月3日未明の、ベルギーとの決勝トーナメント1回戦。2点をリードしながら3点を奪われる壮絶な逆転負けを喫した。その前の試合、16強を決めた1次リーグ最終戦のポーランド戦は、0-1で負けていながら他会場のコロンビア-セネガルの状況を考え、残り10分ほどはあえてリスクを冒さず、ゆるゆるとしたパス回しでそのまま試合を終了させた。

 ベルギー戦のあやは、さまざまなところにあっただろうが、筆者が一番強く感じたのは最後の日本のCK。本田が蹴ったボールを相手GKに前を向いたままキャッチされた。素早く状況判断できる体勢ですぐにつながれ、カウンターで決勝点を奪われた。このシーンでの日本は前がかりになっていたことは確かだが、CKがほんの少し左右にずれて日本がもっとプレッシャーをかけられていれば、延長戦になっていただろう。そもそも後半終了まで残り30秒ぐらいだったから、ボールをキープしてホイッスルを待てばよかったという声も多いだろうが、試合の中での感覚で、「90分で決めなくては勝てない」という思いも選手たちにあったのかもしれない。

 ポーランド戦については、いろいろな批判がある。国際サッカー連盟(FIFA)の行動規範の中には「勝利は全ての試合の目的である」という項目があり、それを引き合いに出してポーランド戦の日本は「悪」であるという論調も見られたが、そもそもスポーツの戦術を善悪で論じるのには違和感を覚える。「勝利」が意味するところも「次戦への進出」と考えることもでき、スコアで劣っても次に進める状況があるのなら、日本の選択も是といえるだろう。いずれにせよ、難しい問題ではある。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 【ラグビーコラム】サッカーW杯で感じた「終わらせ方」の難しさ、ラグビーW杯で日本はどう終わらせる?