2018.6.20 12:00(1/3ページ)

【ラグビーコラム】国学院久我山・中村誠元監督の熱さほとばしる著作「一所懸命」

【ラグビーコラム】

国学院久我山・中村誠元監督の熱さほとばしる著作「一所懸命」

特集:
ノーサイドの精神
中村誠先生の本「一所懸命」

中村誠先生の本「一所懸命」【拡大】

 【ノーサイドの精神】高校ラグビーの名伯楽の一人、元国学院久我山高監督の中村誠先生がこのほど、「一所懸命」という本を出版した(鉄筆発行、消費税別2000円)。同高の創部70周年を記念しての出版だ。

 中村先生は日体大を卒業した1959(昭和34)年に同高に奉職し、ラグビー部監督に就任。5度目の花園出場を果たした後の74年から、自筆のガリ版刷りで「OB通信」を書き始めた。4度の全国制覇を果たし、部長に退いてもコツコツと100号を超えるまで書き続けた「OB通信」を基に書き下ろし部分も加えた自伝的なもので、久我山ラグビー部の歴史も分かる一冊だ。

 「OB会が奔走してくれた。感謝、感謝ですよ」

 そう話す中村先生とは筆者も浅からぬ縁がある。早大学院2年で花園初出場を決めた(筆者はリザーブ)ときの決勝の相手が、全国制覇最右翼といわれた久我山だった。このときの悔しさが本の中でも2ページ余りにわたってつづられている。翌年春の決勝では50点差をつけられてコテンパンにやられた。この年の久我山は花園決勝でも、黒沢尻工(岩手)から当時決勝最多となる40点を奪って圧勝。史上最強と呼ばれるチームだった。

 スポーツ紙の記者としても、84年度から花園で取材した。この年は初戦の2回戦で報徳学園(兵庫)に敗れてしまい、ラグビー場から近鉄の東花園駅まで向かう先生にずっとぶら下がっていったことを思いだす。

 「何も話すことなんかないよ」と憮然(ぶぜん)としていた先生が電車に乗る直前、「私の指導が至らなかったことに尽きる。生徒に責任はない。そう書いておいてください」と口にして去って行った。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 高校ラグビー
  4. 【ラグビーコラム】国学院久我山・中村誠元監督の熱さほとばしる著作「一所懸命」