2018.6.17 05:00

【ホイッスル 吉田義人】不要な反則が勝負に直接響いた

【ホイッスル 吉田義人】

不要な反則が勝負に直接響いた

特集:
ホイッスル 吉田義人
前半、相手タックルを受けボールをファンブルする日本代表・8番、姫野和樹=ノエビアスタジアム神戸(撮影・森本幸一)

前半、相手タックルを受けボールをファンブルする日本代表・8番、姫野和樹=ノエビアスタジアム神戸(撮影・森本幸一)【拡大】

 リボビタンDチャレンジカップ(16日、日本22-25イタリア、ノエス)初戦に快勝した後の2戦目。強化が順調に進んでいることを証明するためにも大事な試合だったが、勝利には届かなかった。

 イタリアは日本をよく分析していた。接点で圧力をかけ続け、日本を受けに回らせた。第1戦で走り回ったWTB福岡をしっかりマークし、仕事をさせなかった。

 日本が最初に取られたトライは、左の大外の福岡までボールを回し、福岡が長いキックを蹴った後に逆襲されたもの。このキックも意図的なものではなく、他に選択肢がなくなって蹴った感じだが、そういう場合の対応がまだ整備不足だ。

 後半の勝負どころで相手に2PGを与えてしまったことも、勝負に直接響いた。前半最初のLOアニセの危険なタックルによるシンビン(10分間の一時退場)も含め、不要な反則をなくすことも肝心だ。(元日本代表WTB、7人制チーム「サムライセブン」代表、明大OB)

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

  • 前半、突進する日本代表・14番、レメキ・ロマノラヴァ=ノエビアスタジアム神戸(撮影・森本幸一)
  • 後半、突進する日本代表・7番、リーチ・マイケル=ノエビアスタジアム神戸(撮影・森本幸一)
  • 後半、トライを決める日本・松島(下左端)=ノエスタ
  • 後半、トライを決める日本代表のアマナキ・レレイ・マフィ(20番)=兵庫県神戸市のノエビアスタジアム神戸(撮影・岩川晋也)
  • 後半、突進するもボールをこぼす日本代表・8番、姫野和樹(中央)=ノエビアスタジアム神戸(撮影・森本幸一)
  • 前半、突進するレメキ=ノエスタ
  • 前半、タックルを受ける姫野=ノエスタ
  • 後半、トライを決めるマフィ=ノエスタ
  • 後半、トライを決め祝福されるマフィ(中央)=ノエスタ
  • 後半、トライを決めたトゥポウ(右端)を祝福する松田(左から2人目)ら=ノエスタ
  • 後半、トライを決めるトゥポウ=ノエスタ
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. 【ホイッスル 吉田義人】不要な反則が勝負に直接響いた