2018.6.9 20:45

公認キャンプ地変えず「運営面での影響はない」 ラグビーW杯で責任者

公認キャンプ地変えず「運営面での影響はない」 ラグビーW杯で責任者

 ラグビーの国際統括団体、ワールドラグビー(WR)のワールドカップ(W杯)統括責任者、アラン・ギルピン氏は9日、2019年W杯日本大会の欧州代表がルーマニアからロシアに変更になったことに関し「運営面での影響はない」と述べ、既に選ばれている公認キャンプ地を変えない方針を示した。

 W杯会場となる大分銀行ドームで、日本-イタリアの試合前に取材に応じた。会場について「準々決勝を開催するのにふさわしい」と評価し、各地のW杯会場でも本番を見据えたテストを重ねたい考えを強調。チケットの販売状況については「非常に順調に進んでいる。東京、横浜の試合は完売するだろう」との見通しを明らかにした。

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 公認キャンプ地変えず「運営面での影響はない」 ラグビーW杯で責任者