2018.6.9 17:14

日本、イタリアに快勝!後半追い付かれるも突き放す

日本、イタリアに快勝!後半追い付かれるも突き放す

前半、トライを決め喜ぶ日本・福岡=大分市の大分銀行ドーム(撮影・仲道裕司)

前半、トライを決め喜ぶ日本・福岡=大分市の大分銀行ドーム(撮影・仲道裕司)【拡大】

 ラグビーの日本代表は9日、大分銀行ドームでイタリア代表とのテストマッチ第1戦を行い、34-17で快勝した。欧州6カ国対抗のチームに勝利するのは2014年6月のイタリア戦以来。通算対戦成績は日本の2勝5敗となった。

 先制を許した日本は前半に2トライを奪い、17-14とリードして折り返した。後半は一度同点とされたが、SO田村(キヤノン)のPGで勝ち越し。20-17の同21分にはWTBレメキ(ホンダ)、同26分にはFB松島(サントリー)がトライを奪って突き放した。世界ランキングは日本が11位、イタリアは14位。

 大分銀行ドームは19年ワールドカップ(W杯)日本大会の会場。第2戦は16日に、同じくW杯会場のノエビアスタジアム神戸で行われる。

ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチの話「うれしい気持ち。ハーフタイムでは接戦だったが、精神力の強さで戦い抜いてくれた。サンウルブズからここまで、しっかりパフォーマンスを上げてくれた」

リーチ主将の話「試合中の大事な場面でリーダー格の選手を中心に乗り越えることができた。防御では反省がある。次の試合は相手が必死にやってくる。そこで勝てばさらに自信になるので準備したい」

オシェイ・イタリア監督の話「われわれに流れが傾きかけた瞬間があったが、やりたいことを遂行できなかった」

ギラルディーニ・イタリア代表主将の話「ボールを動かされて自由なプレーを許してしまった。防御は取り組むべき一番重要な要素」

1次L日程へ組み合わせへ

  • 前半、トライを決める日本のマフィ=大分市の大分銀行ドーム(撮影・仲道裕司)
  • 前半、トライを決める日本のマフィ=大分市の大分銀行ドーム(撮影・仲道裕司)
  • 前半、トライを決める日本・福岡=大分市の大分銀行ドーム(撮影・仲道裕司)
  • 前半、ゴールを決める日本・田村=大分市の大分銀行ドーム(撮影・仲道裕司)
  • 前半、トライを決める福岡=大銀ドーム
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. 日本、イタリアに快勝!後半追い付かれるも突き放す