2018.5.28 18:56

ジョセフHC「自信を生かしてチーム作る」6月代表戦へ本格始動

ジョセフHC「自信を生かしてチーム作る」6月代表戦へ本格始動

練習中に話し合う、日本代表のジョセフ・ヘッドコーチ(右)とリーチ主将(左)=宮崎市

練習中に話し合う、日本代表のジョセフ・ヘッドコーチ(右)とリーチ主将(左)=宮崎市【拡大】

 ラグビー日本代表は28日、6月のテストマッチに向けて最初の合宿地となる宮崎市で練習を開始し、本格始動した。スーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズの指揮官も兼任するジョセフ代表ヘッドコーチは「練習場が近く、最高の練習環境。サンウルブズなどで得た自信を生かしてチームをつくりあげていきたい」と抱負を語った。

 この日は朝からの筋力トレーニングに加え、雨が降る中で午前、午後と練習を行った。午前には走り込みを行った後、疲れた状態で戦術理解や連携の向上に励み、フランカーのリーチ主将(東芝)は「体がきつくてもプレーの精度を高く保つのがこの合宿のポイント」と語った。

 宮崎合宿は6月1日まで行われる。世界ランキング11位の日本は6月9日、16日に14位のイタリア、23日に12位のジョージアと対戦する。

ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチの話「練習の雰囲気はいい。日本はジョージア、イタリアと全く違うタイプのチーム。スピードとスキルを生かして大きな相手を動かしたい」

  • 合宿でトレーニングするラグビー日本代表のリーチ主将=宮崎市
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. ジョセフHC「自信を生かしてチーム作る」6月代表戦へ本格始動