2018.5.23 12:00(1/2ページ)

【ラグビーコラム】日大アメフット悪質タックル、もしラグビーで起きたら?

【ラグビーコラム】

日大アメフット悪質タックル、もしラグビーで起きたら?

特集:
ノーサイドの精神

 【ノーサイドの精神】日大アメリカンフットボール部の悪質タックル事件は、被害届も提出されるなど社会問題に発展している。この反則がラグビーで起きたらどうなるか、知り合いの複数のレフェリーと話し合ってみた。

 アメリカンフットボールの試合は通常7人の審判で運営される。あのプレーは、オフェンスサイドの後方にいるレフェリー(最終決定権を持つ主審)が判定。タックル直後に反則があったことを示すイエローフラッグが投げ込まれた。

 しかし、レフェリーが1人で判定するラグビーだったら、「たとえばSHがBKラインにパスを出した後とすると、あれだけ遅れて(パスの約4秒後)のタックルだと、すでに視点をボールを追う方に移してしまっている。ベンチにいる指導者や選手、周囲の観客には見えても、肝心のレフェリーは何が起きたのか分からないだろう」という結論に達した。周囲のざわめきや怒声などで「何かがあったのかな」と思うかもしれないが、プレーがどんどん進行していればそれさえも気づかない可能性は十分にある。

 ビッグゲームならビデオ判定のテレビマッチオフィシャル(TMO)にかけて確認することはできるが、それは国際試合や日本協会主催など、ごくごく限られた試合だ。アシスタントレフェリー(AR=レフェリー資格を持つ者がタッチジャッジを務める)がいる場合は補佐を期待できる。だが練習試合などで資格のないチーム関係者がタッチジャッジだったときなど、ルール上ではアドバイスを求めることもできない。そうなると、レフェリーはなかなか事態を把握できないのではないか。そんな意見が多かった。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 【ラグビーコラム】日大アメフット悪質タックル、もしラグビーで起きたら?