2018.5.4 05:00

【ゆく人くる人】キヤノンLO・菊谷「現役への未練なし」

【ゆく人くる人】

キヤノンLO・菊谷「現役への未練なし」

キヤノン

キヤノン【拡大】

 【キヤノン】日本代表68キャップを誇り、2011年W杯では主将も務めたLO菊谷崇(38)が現役生活にピリオドを打った。

 「プレーできるうちに辞めたかった。現役への未練は全くない」。4月には、小学生を対象としたラグビー指導組織「ブリング・アップ・ラグビーアカデミー」(東京・調布市)の立ち上げ会見に出席。箕内拓郎・日野自動車コーチ、福井県代表で現役を続ける小野沢宏時の3人で、次代の代表選手育成に挑戦する。

 現在ユース世代の代表候補合宿にもコーチとして参加。「経験を積み上げていく中でチャンスがあれば挑戦したい」とトップリーグ(TL)の指導者も視野に入れる。

 【リコー】ハードタックルが武器のCTB山藤史也(33)は、ジャージーをスーツに着替えて社業に専念。同じCTBでTL屈指の攻撃センスを持つタマティ・エリソン(35)は、トップチャレンジリーグに昇格した栗田工業でTL入りを目指す。

  • リコー
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. トップリーグ
  4. 【ゆく人くる人】キヤノンLO・菊谷「現役への未練なし」