2018.4.18 12:00(1/2ページ)

【ラグビーコラム】苦戦続きのサンウルブズ 今はメンバー固定より日本代表強化が優先だ

【ラグビーコラム】

苦戦続きのサンウルブズ 今はメンバー固定より日本代表強化が優先だ

特集:
ノーサイドの精神
試合に敗れて肩を落とすサンウルブズフィフティーン

試合に敗れて肩を落とすサンウルブズフィフティーン【拡大】

 【ノーサイドの精神】世界最高峰ともいわれるスーパーラグビー(SR)に参戦する日本チーム、サンウルブズが16日、ニュージーランド遠征へ出発した。7日にブルース(ニュージーランド)に敗れて、開幕から7連敗。日本代表も率いるジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(48)の就任で、ファン、関係者の期待も高まる中での苦戦続きに厳しい声も聞こえる。

 日本代表の強化を目的に、昨季まで以上に代表選手がサンウルブズに参加する中で、結果を出せない要因の一つは防御の悪さだ。9節を終えてサンウルブズの総失点294は、SR15チーム中最下位。タックル成功率82・9%は7位ながら、防御を簡単に突破され、少ない攻撃回数での失点が目立つ。個々のタックルミスもあるが、密集戦の防御に人数をかけてしまうことで、外側にスペースを与えてしまう場面が多い。

 サンウルブズの強みだった攻撃面でも、ブルース戦ではわずか1トライに終わった。攻守に精彩を欠いていると指摘されてもしようがないのだが、メンバーを固定して戦えないことの影響は少なくはない。

 SR開幕前の国内公式戦や、SR期間中の負傷に加えて、選手の疲労を加味しながら、順次試合を休ませていることが、メンバーを固定できない理由だ。試合ごとにメンバーが入れ替わることで、日本チームの強みでもあるコンビネーション、プレーの精度で、選手間に微妙なズレが生じている。そのため、攻撃を継続しても簡単なミスでチャンスをつぶしてしまう場面が多い。

 当然ながら、メンバーを固定して戦うべきという声もある。だが、日本代表の強化と、サンウルブズとしてSRで戦い結果を出すという2つのミッションは、すべてが合致するものではない。

【続きを読む】

  • 4月7日のサンウルブズ対ワラタス。後半突破しトライを決めるサンウルブズ・姫野(左)
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. 【ラグビーコラム】苦戦続きのサンウルブズ 今はメンバー固定より日本代表強化が優先だ