2018.4.5 15:19

桐蔭学園、11年ぶりに東福岡撃破 40-34で競り勝つ/高校選抜

桐蔭学園、11年ぶりに東福岡撃破 40-34で競り勝つ/高校選抜

前半1分、先制PGを決める桐蔭学園SO津田。2DGも含め8本のキック全てを成功させた

前半1分、先制PGを決める桐蔭学園SO津田。2DGも含め8本のキック全てを成功させた【拡大】

 全国高校選抜ラグビー第5日(5日、埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)準々決勝を行い、2連覇を狙う桐蔭学園(神奈川)が一昨年優勝の東福岡(福岡)に40-34で競り勝った。桐蔭学園が公式戦で東福岡を破ったのは2007年の全国選抜準決勝(15-14)以来11年ぶり。

 流通経大柏(千葉)は中部大春日丘(愛知)に28-19で逆転勝ちし、3年ぶりにベスト4入りした。

 残る2試合はともに近畿新人大会準決勝と同じ顔合わせとなり、大阪桐蔭(大阪)-御所実(奈良)は前半リードされた近畿王者の大阪桐蔭が後半に4トライを重ね、42-21で逆転勝利。3年ぶりの準決勝進出を決めた。天理(奈良)-報徳学園(兵庫)は天理が36-15で近畿大会の雪辱を果たし、優勝した05年以来の4強入りとなった。

 7日の準決勝は大阪桐蔭-天理(午前11時)、関東新人大会決勝の再現となった桐蔭学園-流通経大柏(午後0時20分)の2試合(かっこ内は開始時間)。

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 高校ラグビー
  4. 桐蔭学園、11年ぶりに東福岡撃破 40-34で競り勝つ/高校選抜