2018.3.3 15:18

サンウルブズは17-37で敗れる レベルズの日本代表マフィが1T/SR

サンウルブズは17-37で敗れる レベルズの日本代表マフィが1T/SR

レベルズに敗れ、開幕2連敗となったサンウルブズフィフティーン=秩父宮

レベルズに敗れ、開幕2連敗となったサンウルブズフィフティーン=秩父宮【拡大】

 スーパーラグビー第3節最終日(3日、サンウルブズ17-37レベルズ、秩父宮)スーパーラグビー(SR)参戦3年目のサンウルブズが3日、東京・秩父宮ラグビー場でレベルズ(豪州)と今季第2戦を行い、17-37で敗れ2戦2敗となった。サンウルブズは勝ち点1のまま変わらず、豪州カンファレンス(C)最下位となった。勝ち点5を加えたレベルズは同10として豪州C首位。

 前半9分、サンウルブズはキックからの相手のカウンターを好タックルで止めたが、そのラックから左へ大きくパスを飛ばされ、WTBジャック・マドックスに先制トライを許した。その3分後には左にオーバーラップをつくられ、外側で待っていたレベルズの日本代表NO・8のアマナキ・レレイ・マフィがトライ。0-10とリードを許した。

 CTBラファエレ ティモシー、WTB山田章仁が頭部の強打で次々と退いたサンウルブズは25分、CTB中村亮土がPGに成功して3点を返した。34分にはレベルズの右展開でWTBウィリアム・トゥポウがインターセプトし、中央トライ。中村のゴールも決まり10-10に追いついた。このまま前半が終了した。

 後半、レベルズがギアを上げてきた。2分にSOジャック・デブレツェニのPGで勝ち越すと、4分にはWTBセファナイア・ナイバル、7分、12分にはマドックスが立て続けにトライ。サンウルブズは10-30と一気に差を広げられた。サンウルブズは38分、相手の反則が連続したところでゴール前での中央スクラムを選び、SH田中史朗-NO・8エドワード・カークのサイドアタックが決まってトライ。中村のゴールで17-30としたが、反撃はそこまで。40分に相手のラストパスを故意にノックオンしたとしてペナルティートライを取られ、17-37で終了した。

試合結果へ試合日程へメンバーへ

  • レベルズに敗れたリーチ(中央)らサンウルブズフィフティーン=秩父宮
  • 試合を終え、抱き合うサンウルブズ・リーチマイケル(左)とレベルズのアマナキ・レレイ・マフィ=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、突進するサンウルブズ・リーチマイケル=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、トライを決めるサンウルブズ・トゥポウ=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、ペナルティゴールを決めるサンウルブズ・中村=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、突進するサンウルブズ・流=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、脳しんとうで交代するサンウルブズ・山田=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、脳しんとうで交代するサンウルブズ・山田=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、トライを決め自陣に戻るレベルズのアマナキ・レレイ・マフィ=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、競り合うサンウルブズ・リーチマイケル(中央)とレベルズのアマナキ・レレイ・マフィ(左)=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、突進を阻まれるサンウルブズ・野口=秩父宮
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. サンウルブズは17-37で敗れる レベルズの日本代表マフィが1T/SR