2018.2.19 20:13

日本ラグビー協会、移籍に関する規約改定 移籍承諾書を撤廃/TL

日本ラグビー協会、移籍に関する規約改定 移籍承諾書を撤廃/TL

ラグビー・トップリーグの規約改定について説明する高島正之チェアマン(右)=19日午後、東京都新宿区

ラグビー・トップリーグの規約改定について説明する高島正之チェアマン(右)=19日午後、東京都新宿区【拡大】

 日本ラグビー協会は19日、トップリーグ(TL)の移籍に関する規約改定を発表し、チームを移った選手が1年目から公式戦に出場するために必要だった前所属チームの「選手移籍承諾書」を撤廃した。承諾書がなくてもただちに出場が可能になった一方、新たにチーム、選手双方に対して接触や交渉時の禁止事項と、違反した場合の懲罰規定を設けた。

 新たな規約では、これまで各チームが紳士協定としていたシーズン中の交渉ルールを明文化。チームはシーズン終了2カ月前までの事前交渉が認められず、その後も契約終了まで他チームの選手との接触や交渉に所属チームの承認が必要と定めた。違反したチームは1シーズンの勝ち点を最大で5まで減らされ、選手は最大で公式戦の約半数に出場することができない。

 TLの高島正之チェアマンは改定の理由に「プロ、それに準ずる選手が出てきた。TLを取り巻く環境の変化」を挙げた。公正取引委員会の有識者会議は15日、選手に対する移籍制限は独禁法違反に当たる場合があるとする報告書を公表していた。

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 日本ラグビー協会、移籍に関する規約改定 移籍承諾書を撤廃/TL