2018.2.12 05:02

明大、シドニー大に8T許し…勇退する丹羽監督の花道飾れず

明大、シドニー大に8T許し…勇退する丹羽監督の花道飾れず

明大フィフティーは退任する丹羽監督に勝利をプレゼントできなかった

明大フィフティーは退任する丹羽監督に勝利をプレゼントできなかった【拡大】

 ラグビー・親善試合(11日、明大八幡山G)1月の大学選手権で準優勝した明大がシドニー大と対戦。38-56で敗れ、勇退する丹羽政彦監督(49)への、はなむけはできなかった。シドニー大は14日にU-20(20歳以下)日本代表、17日にOBも加わる全明大と対戦する。

 3年生以下の布陣で挑んだ明大は、スクラム、モールで重圧をかけながら、相手の個人技に8トライを許して敗れた。

 「ラグビーへの熱い気持ちがある相手だった。オフロードパスなども、日本とは違う技術やサポートを学べました」

 ゲーム主将のSO忽那(くつな)鐘太(3年)が国際試合の収穫を語った。明大も日本では創部90年を超える伝統校。しかし、相手は1863年創部と150年以上の歴史を誇る。一瞬の隙にパワーでボールを奪われ、トライを許す場面が多かった。

 前半は2点差の接戦を演じた選手に丹羽監督は「こういう経験を今後も続けてほしい」。得がたい経験を糧にして、1カ月前に1点差で逃した大学選手権優勝を託した。 (吉田宏)

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 明大、シドニー大に8T許し…勇退する丹羽監督の花道飾れず