2018.1.26 21:27

「レンジー」お披露目…ラグビーW杯マスコット

「レンジー」お披露目…ラグビーW杯マスコット

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は26日、東京都内で大会公式マスコットを発表し、連獅子をモチーフにした紅白2体の「レンジー」をお披露目した。今後は各地を回ってイベントなどで活用し、アジアで初開催となる大会の機運醸成を図る。

 レンジーは白い髪で親の「レン」、赤い髪で子どもの「ジー」の2体で構成。顔はラグビーボールの形をしている。実績ある専門家に呼び掛け、個人を含む10組、50作品の応募から選んだ。

 ラグビーW杯で公式マスコットを採用したのは1999年大会以来。組織委の嶋津昭事務総長は「日本らしいマスコットをつくりたいという願望があった。ラグビーを世界に広げる大会に導いてくれる」と期待感を示した。

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 「レンジー」お披露目…ラグビーW杯マスコット