2018.1.13 19:43

ヤマハ、快勝で3位死守 SO大田尾「来季以降の礎になる試合ができた」/TL

ヤマハ、快勝で3位死守 SO大田尾「来季以降の礎になる試合ができた」/TL

試合後 胴上げされるヤマハ発動機・大田尾竜彦=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)

試合後 胴上げされるヤマハ発動機・大田尾竜彦=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 日本選手権兼トップリーグ決勝トーナメント3位決定戦(13日、ヤマハ発動機28-10トヨタ自動車、秩父宮)ヤマハ発動機は完敗した準決勝のサントリー戦がうそのような内容でトヨタ自動車を一蹴し、3位を死守した。今季限りで引退する日本代表7キャップのSO大田尾は前半28分にキックを浮かせてCTBサウのトライを演出。来季の試合数減少を考慮し、後進に道を譲る決断をした35歳のベテランは「来季以降の礎になる試合ができた」と誇らしく語った。

 新人で主将を務めたフランカー姫野を中心に躍進したトヨタ自動車は、セットプレーで反則を連発するなどシーズン最後で力尽きた。「内容は駄目だったが来季への教訓としたい」と決意した。

試合結果へ順位決定Tへ勝敗表へ

  • 突進するヤマハ・大田尾竜彦=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. トップリーグ
  4. ヤマハ、快勝で3位死守 SO大田尾「来季以降の礎になる試合ができた」/TL