2017.12.3 16:50

【指揮官一問一答】明治・丹羽監督「今日はどうしても勝たなきゃいけないゲームだった」

【指揮官一問一答】

明治・丹羽監督「今日はどうしても勝たなきゃいけないゲームだった」

 関東大学ラグビー対抗戦は3日、伝統の早明戦と慶大-青学大の2試合を行い、全日程が終了した。93度目を迎えた早明戦は明大が29-19で勝利。対抗戦通算は明大の38勝2分け53敗となった。一方、慶大は青学大を119-5と圧倒。5勝2敗で早慶明が並び同率2位となった。大学選手権に向けては3校間の当該対戦も1勝1敗となったことで、対抗戦7試合の総得失点差で明大が対抗戦2位扱い、慶大が3位扱い、早大が4位扱いとなる。明大の丹羽監督は試合後、早大を破り、喜びに浸った。

 ――2年ぶりの早明戦勝利

 「去年悔しい思いをしていたので、選手たちも思ってましたし、今日はどうしても勝たなきゃいけないゲームだったのでそこを勝ちきれたのは大きかったんじゃないかなと思ってます」

 ――両校の伝統がぶつかり合う激しい攻防

 「とにかく1年間やってきたことを信じてやろうということを言っていましたし、いろんな面でスクラムの面や、後半ディフェンスの面も非常に良かったので、そういった意味では今日勝ちきってよかったなと思います」

 ――勝利の要因は

 「これはもう部員92人が1年間一生懸命やってきた成果だと思っていますので、今日の勝ちをまた自信につなげて、大学選手権に向けて頑張りたいと思います」

 ――大学選手権への意気込みは

 「うちのチームはチャレンジャーなので、一戦一戦戦って成長して、大学チャンピオンになりたいと思います」

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 【指揮官一問一答】明治・丹羽監督「今日はどうしても勝たなきゃいけないゲームだった」