2017.11.29 12:03(1/2ページ)

【ラグビーコラム】日本代表にとって勝ち試合に等しかったフランス戦 チームが進化した3つの理由 

【ラグビーコラム】

日本代表にとって勝ち試合に等しかったフランス戦 チームが進化した3つの理由 

特集:
ノーサイドの精神
フランス遠征から帰国し、取材に応じたジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ

フランス遠征から帰国し、取材に応じたジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ【拡大】

 【ノーサイドの精神】2015年の南アフリカ戦(34-32)、16年のウェールズ戦(30-33)、そして23-23と引き分けた今年のフランス戦-。勝敗はさまざまだが、ラグビー日本代表は進化のマイルストーン(指標)となる試合を毎年積み重ねてきた。

 すでに13年にはウェールズから金星をマークしている。若手も投入してきた世界8位のフランスとのドローを割り引いて評価する意見もある。だが、すべての試合を現場で観戦した印象としては、フランス戦のドローを大きな1歩と評価したい。

 あるデータをみると、フランス戦の日本のボール保持率は57%、エリア支配率は64%と相手を上回った。全選手の走行距離506メートルも、フランスの352メートルを大きく上回り、タックル成功率も日本が84%、フランスは79%。勝ち試合に等しい数値を残している。

 目を見張ったのは立ち上がりの日本の試合運びだ。キックオフ直後は、積極的な防御でフランスに重圧をかけて、敵陣ゴール前の攻撃から先制PGをマーク。エディー・ジョーンズ前ヘッドコーチ(HC)時代はもちろん、歴代代表チームでは序盤戦で失点を許すのが課題となっていた。

 フランス戦での日本は、24分の両軍初トライも奪った。そして、後半はキックオフからノーホイッスルで、CTBラファエレ ティモシー(26)がトライを取り切った。

 いままでと異なる日本の戦いぶりの理由は3点ある。1つ目は今秋から取り組む素早く間合いを詰めて相手の攻撃の選択肢をつぶす防御システム。2つ目は、相手防御にスペースがあると判断すると積極的に仕掛ける攻撃。そして、3番目はメンタル面の強さだ。この精神力が、前後半序盤の流れを日本に引き寄せた。

【続きを読む】

  • フランス戦で前半、トライを決めた日本のHO堀江翔太(共同)
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. 【ラグビーコラム】日本代表にとって勝ち試合に等しかったフランス戦 チームが進化した3つの理由