2017.11.22 12:00(2/2ページ)

【ラグビーコラム】日本女子のエース冨田真紀子がスポット参戦「もう一度燃え尽きるチャンスを」

【ラグビーコラム】

日本女子のエース冨田真紀子がスポット参戦「もう一度燃え尽きるチャンスを」

特集:
ノーサイドの精神
ながとブルーエンジェルスのジャージーに身を包んだ冨田真紀子

ながとブルーエンジェルスのジャージーに身を包んだ冨田真紀子【拡大】

 入れ替え戦では準決勝で岩見智翠館高に10-12で惜敗し、来年のシリーズ全試合に出場できるコアチーム入りの2枠に入れなかった。

 「負けちゃいました。力が足りないことを思い知らされたけど、この2~3週間で成長させてもらいました。ラグビーがまた、楽しいと思えるようになりました」

 飛び切りのスマイルで語る冨田は、NBA参戦の理由を改めて口にした。

 「どうしてもハングリーになれなかったので、チャレンジしているところに行ってみたかった。今は7人制を思い切りやってみたいし、2020年(東京五輪)というのも当然、視野にあります」

 コアチーム入りできなかったこともあり、このままNBAにとどまるのかは「それは分かりません」という。

 「『もう一度燃え尽きるチャンスがほしい』。今の気持ちは、そんな感じですかね」

 まだまだ日本の女子ラグビーに必要な第一人者は、最善の道を模索する。

田中 浩(たなか・ひろし)

「田中 浩」イメージ画像1983年入社。ラグビーブーム全盛期に担当を約10年、その後デジタルメディア、ボクシング担当、アマ野球担当などを経て2008年から運動部一般スポーツ担当デスクを務め、14年秋に二十数年ぶりにラグビー取材の現場に復帰した。秩父宮ラグビー場でトライ(高校都大会決勝)と東京ドームでヒット(スポーツ紙対抗野球)の両方を経験したのがプチ自慢の56歳。

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 【ラグビーコラム】日本女子のエース冨田真紀子がスポット参戦「もう一度燃え尽きるチャンスを」