2017.3.31 05:00(2/2ページ)

【新主将に聞く】流経大NO・8大西樹、初の日本一へ体張ってチームけん引

【新主将に聞く】

流経大NO・8大西樹、初の日本一へ体張ってチームけん引

流経大NO・8大西樹

流経大NO・8大西樹【拡大】

 --負傷中とか

 「左手の指の腱を切って手術しました。4月中旬には合流できます。ほかのみんなが楽しそうにラグビーをしているのがうらやましい」

 --守備力の強化がここ数年の課題

 「攻撃では、1対1を制しながらボールを左右に動かす『ダイナミックラグビー』の質を上げること。守備が強化できれば、ボールを取り返したところからスコアにつなげられるはずです」

 --自身も昨季はFWトップの8トライ

 「残念なのはリーグ戦のベスト15を逃したことです。主将としては、昨年のFL広瀬さんのように体を張り続けることを受け継いでいきたい。口はうまくない方なので」

 --春季大会の目標は

 「昨年も帝京大以外には負けていませんが、帝京大には大差(12-82)をつけられた。日本一のためには、ここで帝京大を破らないと」 (聞き手・田中浩)

大西 樹(おおにし・いつき)

 1995(平成7)年12月9日生まれ、21歳。北海道富良野市出身。中学まではバレーボール部。旭川工高入学と同時にラグビーを始める。花園出場歴はないが、北海道選抜で2013年東京国体出場。家族は両親と姉2人。1メートル84、100キロ。

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 【新主将に聞く】流経大NO・8大西樹、初の日本一へ体張ってチームけん引